何も身につけていないのに起こるアレルギー症状、それは口の中が原因かもしれません - アレルギーユニバーシティ
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 何も身につけていないのに起こるアレルギー症状、それは口の中が原因かもしれません

何も身につけていないのに起こるアレルギー症状、それは口の中が原因かもしれません

卵や小麦といった食物や花粉など、私たちはアレルゲンとなり得るたくさんの物質に囲まれて生きています。また、その症状も様々で、皮膚に炎症を起こすものから咳やくしゃみといった呼吸器に関わるもの、場合によっては生死にも影響するのがアレルギーの怖いところです。

アレルゲンとなる物質には金属も含まれ、指輪やピアスなどのアクセサリーや時計、メガネやベルトが原因で金属アレルギーが引き起こされることがあります。

しかし、金属と接しているだけではアレルギーに結びつくことはほぼなく、大半は私たちの汗や体液によって金属が溶け出し、たんぱく質と結びつくことで免疫が正常に機能せず、自分自身を攻撃してしまうのです。

その証拠に、発汗しやすい夏場は特に金属アレルギーが増えますし、ピアスホールが不完全なままピアスをつけていると体液に触れ、アレルギーを発症しやすくなります。

しかし、意外と盲点なのが虫歯の治療に使われている金属です。身につけていないはずなのに、アトピー性皮膚炎が治らない、体の不調を感じるという場合は、口の中の金属が原因かもしれません。

歯科治療ではいくつかの金属が使われますが、特に悪影響を与えると言われているのはアマルガムです。他の金属と水銀をあわせて作られるアマルガムは、加工がしやすく健康保険が適用されるため、治療では重宝されていました。

ところが最近、アマルガムを口の中に入れたままにしておくことで劣化、腐食し、アレルギーを発症することがだんだんとわかってきました。虫歯治療で金属を使っているということは、常に唾液と接しているわけですし、飲み物や食物として取り入れた様々な物質にも触れる機会が多いため、自らアレルギーを呼び込むような生活をしているとも言えるでしょう。

この頃はアマルガムを用いた治療を行う歯科医院はかなり少なくなってきていますが、かつて受けた歯科治療で使われていたことに気が付かず、アレルギーを発症して初めてその存在を知ったという事例もあります。

さらに、アマルガムに含まれている水銀は、神経毒性が強く、目に見えている症状だけではなく、イライラや不眠など精神部分にも悪影響を与えてしまいます。どんなに治療をしてもアトピー性皮膚炎が治らない、湿疹や原因不明な体調不良に悩んでいる場合は一度、口の中をのぞいてみてください。

もし、アマルガムが使われている場合は、取り除くことでアレルギー症状の改善が期待できます。

ただ、アマルガム除去もきちんとその危険性を分かっている歯科は削ったものが吸い込まれず、飲み込まれないような処置をした上で治療してくれます。そういうことをきちんと対処してくれる歯科に行かないと逆に削ったアマルガムを体内に大量に取り込んでしまい、害が出てしまいかねないこともあるので気を付けてほしいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

記事ランキング

おすすめ記事

最新記事

特集記事

最近チェックした記事

まだありません